望月翔のブログ 時計について

十八番の分野で世界を唸らせる新作が続々

 

しかし時計愛好家にとってピアジェといえば、何よりも素晴らしい機械式&クォーツムーブメント、とくに超薄型の機械式ムーブメントを得意とする「スイス屈指のマニュファクチュール」なのである。今年は昨年に引きつづき、どちらのイメージにおいても期待を裏切らない、秀逸なコレクションが登場した。

 いちばんのトピックは何といっても、同社が1960年に開発し当時、世界自動巻きで世界最薄の2.3mmを実現し、今もなお現役で使いつづけられている超薄型自動巻きムーブメントの名品「キャリバー12P」の誕生50周年を記念した新型自動巻きムーブメント「キャリバー1200P」搭載の2針モデル。そしておなじ基本仕様をもつスモールセコンド付きの「キャリバー1208P」を搭載したレギュラーモデルだ。いずれも現在自動巻きで世界最薄ケース厚のモデルが登場したこと。その薄さと美しさは感動的である。