望月翔のブログ 時計について

独自素材の使用に加えて最エントリープライスも実現

 

冒頭ですでにご紹介した通り、今年は価格戦略が目立った一年。これから取り上げるもの以外にも、全体を通じて「買い」のモデルが数多くラインナップしています。ただ、20年後も価値があるかどうかに目を向けてみると、その数はグッと絞ることができるでしょう。

WN読者からも熱い指示を得ているブライトリングが久しぶりに放った25万円を切る新作を初め、伝統ある各社が持てる技術力を駆使して、価格以上に魅力の多い新作を発表しています。

新素材においては、19世紀は鉄、20世紀はシリコンと言われていましたが、今年に入ってカーボンに注目が集中。時代と共に材料の主役も変わってきました。時計界に限らず21世紀はカーボンの時代と言われていますが、今後はカーボンを使用した挑戦的なモデルがさらに現れていくに違いありません。

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 1
留言列表