望月翔のブログ 時計について

GSの高振動600メートルダイビングウォッチは、ゴースト以上の価格です。

 1968年は日本精工Seikoにとって、特筆すべき時間帯だった。この年、セイコーが参加したスイスのナシャテル天文台競技で、一挙に第2位、4位、8位を獲得しました。これはきっとスイス人に大きなびんたを覚えさせます。
当時、ナシャテル天文台競技は1866年から100年以上の歴史を持っています。毎年多くの時計ブランドがナシャテルに送って45日間のテストを行います。五方向と冷、熱、常温の変化を経て、精確度ランキングによって成績は前のブランドによって自然に栄誉を得て、市場の販売を促進します。
1963年に日本の時計ブランドの代表として初めてスイスのナシャテルの天文台競技に参加しましたが、最後の成績はとても悲しくて、144位と153位しか獲得できませんでした。

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 1
留言列表