望月翔のブログ 時計について

シリンダー脱進機など新技術を広く公開した“クロノグラフの父”

17世紀から18世紀にかけて時計産業の中心は大英帝国にありました。精度向上のため脱進機の開発がとくに盛んで“イギリス時計産業の父”と呼ばれるトーマス・トンピオンに師事したグラハムは、多くの発明を成し遂げます。

1715年に直進脱進機(グラハム脱進機)、1721年には温度変化の影響を受けない水銀補正振り子を考案。さらに1725年にシリンダー脱進機、そして史上初のクロノグラフを完成させ、その名は世界に轟きました。

これらの特許をあえて取得せず、彼は仲間に自由に使わせました。現在主流の脱進機のルーツといわれるレバー脱進機を弟子のトーマス・マッジが開発できたのも、技術を開放したグラハムの人間的な大きさが理由のひとつに挙げられるのです。

問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店  

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 2
留言列表