望月翔のブログ 時計について

ピアジェクラシックローズウォッチリアルショット鑑賞

アールローズは1982年に初めて導入されました。それ以来、ピアジェのデザイナーは、深紅で感動的な花びらで、ジュエリーウォッチ、「ミステリー」ウォッチ、それらの使用の必要性など、さまざまな方法でインスピレーションを得てきました。優れた時計製造の形がその美しさを生み出しています。今年、ピアジェは再び革新し、作り上げました。この伝説的なバラを、ミニチュアエナメル加工、パイヨンとマイクロモザイクモザイクを施したシャンプレヴェエナメル加工などのさまざまな手法で再解釈しました。 (マイクロモザイク)。最終的な時計の宝石は、卓越した職人の無実の技術を紹介し、長続きするスキルを前進させます。

モザイクは、青銅器時代に使用されてきた何世紀もの歴史を持つ手作りの芸術です。いくつかの古代ギリシャの遺跡は、屋外の舗装を飾るために小さな石の使用を確認しています。これらの床装飾は通常、調和のとれた視覚スタイルを形成し、モザイクの初期形状になるようにきちんと配置されています。

ヘレニズム時代には、モザイクの出現によって推進されたモザイク技術の主要な改革が現れました。これらの小さな色付きまたは透明なガラスブロックには、さまざまな色と色合いのバリエーションがあります。ローマ人はこのプロセスの専門家になり、この手法は家、風呂(公衆浴場)、さらには噴水を飾るためにモザイクの壁を敷くために広く使用されました。 4世紀には、キリスト教建築にモザイクが現れ始めました。ガラスの色の特徴と、色の付いた磁器などの他の軽い素材は、教会のドームのモザイクをもたらします。 9世紀以来、モザイクアートはビザンチンの宗教文化の一部となっています。ヴェネツィアのサンマルコ教会、イスタンブールのアヤソフィア教会、教皇教会は、モザイクの装飾技術としての不滅の証言であり、当時の職人の並外れた職人技でした。

1727年、教皇ベネディクト12世の推進力のもと、バチカンのモザイクワークショップが正式に誕生しました。ワークショップの主な目的は、教会のためにモザイクを作ることですが、同時に私的に作られた装飾を作ります。 18世紀後半まで、最も有名で世界的に有名な2人のアーティスト、チェザーレアグアッティとジャコモラファエリがマイクロモザイクを作成し、直径1 mm未満のミニチュアインレイを作成する新しい手法を発明しました。これらのインサートはタンタル製で、摂氏800度以上の高温で加熱されます。ガラスペーストは冷却され、小さな正方形のレンガにカットされます。レンガのサイズを小さくすることに加えて、2人のアーティストが発明したこの手法は、10,000種類以上の色合いを含む豊富な色の選択を可能にするため、最も注意深い照明効果と複数のグラデーションを作成できます。暗いトーン。当時の最高級のマイクロモザイクは、1平方センチメートルあたり最大560個のインレイで構成されることがありました。

その後、マイクロモザイクモザイクアートは多くの開発を経験し、箱、嗅ぎタバコ箱、宝石、さらには油絵や家具の装飾技術になりました。主なテーマには、古代ローマの記念碑、宗教シーン、風景、動物、花が含まれます。この技術は、特にヨーロッパの上流階級の若者、特に有名な「ヨーロッパのパレード」の研究を終えたばかりの英国とドイツの貴族に人気があります。
2019人気のロレックスコピー時計の販売、ロレックスコピーN品おすすめ、品質保証、不良品を100%交換して、三日間でお届けします。http://www.watchstore999.com/brandproducts/top2019_1_1.html

 

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 0
留言列表