望月翔のブログ 時計について

現代に合わせて価格を抑え手に入りやすくなったアイクポッド

今年3月に開催したバーゼルワールド2019で発表され、時計好きの間で話題となったスイスの時計ブランド“IKEPOD(アイクポッド)”の復活。発表から約半年を経て、9月中旬より待望の新コレクション発売がスタートすることとなった。新生アイクポッドの時計を紹介する前に、まずはアイクポッドについておさらいしておこう。

1980年代の後半から世界的な潮流となっていった高級機械式時計。当初、そのブームを牽引したのは復活を遂げた名門ブランドだったが、90年代の後半に入るとパネライ、フランクミュラー、アラン・シルベスタインなど、個性的なブランドが従来の愛好家だけでない、幅広いユーザーを開拓していくようになる。

1994年に “Oliver Ike(オリバー・アイク)”と“Marc Newson(マーク・ニューソン)”の運命的な出会いによって生み出された、IKEPOD(アイクポッド)もそんなブランドのひとつだ。ブランド名は、のちにアップルウオッチのデザイナーとなるマーク・ニューソンの代表的な作品名“POD”とオリバー・アイクの苗字から命名されており、動植物や自然からインスパイアされた独特の有機的なデザイン、緻密な計算のされた着け心地、スイス製自動巻きムーヴメントを搭載した本格さが受け、瞬く間に世界中の時計愛好家を魅了していったのだ。

その後、根強いファンを持ちつつ惜しまれながらも休眠することになるのだが、2017年に自身もアイクポッドのコレクターである現オーナー、Guillaume Gout氏とChristianl-Louis Col氏がブランドを買収。2018年にはクラウドファンディングで、わずか88分で世界中から700人の支援者のオーダーと共に40万スイスフランの支援を記録し、満を持して、新生アイクポッドが復活を遂げることになったというわけだ。

当店は3日間出荷して、主要営業のウブロコピー、ロレックスコピー、ガガミラノスーパーコピーブランド時計コピー、会場の10%OFFします。緊急連絡先: bestwatch2020@163.com  

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 1
留言列表