望月翔のブログ 時計について

時計大国スイスに対抗すべくはるかに高い精度基準を設定

精度基準としてはスイスの公式クロノメーター規格(C.O.S.C.認定)が最も有名。多くのブランドがその取得に情熱を注ぎ、1960年誕生の初代グランドセイコーも合格の証として文字盤にChronometerと記していた。しかし現在のGSにこの表記はない。理由は、全モデルがより厳格なGS規格をパスしているからだ。

機械式の場合、クロノメーターでは15日間にわたって5つの姿勢、3つの温度環境で平均日差+6秒〜−4秒の精度を求めるが、GS規格では試験は17日間に及び、6つの姿勢、3つの温度環境で平均日差+5秒〜−3秒まで追い込む。全パーツを自社製造する真のマニュファクチュールだからこそ設定できる基準であり、この完全主義が世界中に多くのファンを持つ要因だろう。

そんなGSの中で本誌イチ推しが「SBGJ203」。“セイコースタイル”と呼ばれる美しい意匠を受け継ぎ、搭載する機械は伝統の10振動ムーブにGMTをプラスしたもの。これぞGSの王道を行く1本だ。

2019最高級Nランクのピアジェスーパーコピー通販です。当店のピアジェコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。  

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 1
留言列表