望月翔のブログ 時計について

自社開発のフローティングトゥールビヨンを松坂屋名古屋店「プレシャスウォッチフェア」に出品

世界の名だたるブランドが集結する「2019 マツザカヤ プレシャスウォッチフェア」で、カール F. ブヘラはペリフェラル技術の先駆者として自社開発のフローティングトゥールビヨンをご紹介いたします。「2019 マツザカヤ プレシャスウォッチフェア」は2019年4月19日(金)~23日(火)まで松坂屋名古屋店で開催されます。

 毎年、様々なブランドの希少な限定モデルや定番の人気モデルが多く出品される松坂屋名古屋店の「プレシャスウォッチフェア」に2019年、カール F. ブヘラも出品いたします。ブランド創業130年の節目に発表した自社開発・製造の「マネロトゥールビヨンダブルペリフェラル」が何といってもハイライトモデルです。

 カール F. ブヘラが開発したトゥールビヨンは「フローティングトゥールビヨン」と呼ぶことができます。フローティング、まさにトゥールビヨンキャリッジが支えもなく浮いているように見える機構の鍵はペリフェラル技術です。

 トゥールビヨンとは、元々懐中時計で垂直方向の姿勢差による誤差を解消するために考案されたもので、重力の影響をなるべく受けずにより高い精度を維持するためにムーブメントの心臓部を常に回転させるという複雑な機構です。カール F. ブヘラは独自のメカニズム(ペリフェラル機構)で、この回転する心臓部がまるで浮かんでいるように見えるユニークなトゥールビヨンを作り出しました。一般的なトゥールビヨンではキャリッジの回転軸を上下のブリッジで挟んでいます。また、フライングトゥールビヨンはダイヤル側からはブリッジがありませんが、裏面ではブリッジによって回転軸が支えられています。しかし、カール F. ブヘラのトゥールビヨンキャリッジはキャリッジ外周を3つのボールベアリングで支えています。よって、回転軸はなく浮いているように見えるのです。まさに「フローティング」トゥールビヨンです。

 カール F. ブヘラはこのムーブメントの完成までに約3年を費やしました。回転軸なしで回転させるための輪列機構の開発、ボールベアリングを含むペリフェラル技術に要する部品の小型化などのハードルをクリアすることに2年かかり、残りの1年は実際の着用によるチェック作業です。

スーパーコピー時計通販、最高級ブランド時計コピーは品質2年無料保証です。NOOB製スーパーコピー腕時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定してます。日本人経営の信頼できるサイトです。連絡先:050-4560-1404。  

Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 1
留言列表