望月翔のブログ 時計について

スマートウォッチは今年出荷量が7100万台に達しました。

市場研究機関CCS Insightが発表した最新報告によると、アップルApple Watchとアジアの低価格設備の好調さのおかげで、スマートウォッチ設備はやっと春を迎えました。この製品は2018年に出荷量が大幅に増加するということです。しかし、GoogleのAndroid Wear設備は今年も暖かくない状態が続いています。

CSSはこの報告で、スマートウォッチの今年の販売台数は7100万台に達し、2022年には1.4億台に着実に上昇すると指摘しています。昨年のアップルウォッチの販売台数は約1600万台、2018年末にはアップルウォッチの販売量は2400万台に達する見込みで、スイスの全国伝統的な腕時計の販売量に相当します。

CSSはこの報告で、「わずか三年間でアップルは腕時計ロレックススーパーコピー市場で大きなシェアを獲得しました。そのため、伝統的な腕時計メーカーは例外なくアップルの動きに注意を払っています。しかし、アップルのストレスを感じるのは、伝統的な腕時計メーカーだけではない。私たちは、GoogleのAndroid Wearスマートウォッチが最近成長の勢いを失っていることを発見しました。Googleは最近Android Wearプロジェクトに対してあまり集中していないようです。彼らは最近PixelスマートフォンとGoogle Homeスマートスピーカーに重心を置いていますので、スマート腕時計の製品に対する集中度を犠牲にしました。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 1
留言列表