望月翔のブログ 時計について

新たな沛納海航海機器が航海界の経典を再現しました。

1936年に建造されたバミューダ帆船Eileanは、沛納海が古典的なヨット界の代表であるだけではなく、多くの沛納海の限定版航海機器:気圧計、湿度計、温度計及び掛鐘を開発しました。

Eileanの建造時期は、沛納海がイタリア海軍に最初の金を供給した沛納海腕時計の原型に当たる。Eileanは造船界の伝奇デザイナーWilliam Fife IIIの末期作品で、彼の手の中の高級な経典の帆船から来て、今なお多くの隻が海上で帆を上げて漫遊します。浪納海は2007年にEileanを購入し、長い時間と精密な修復工事を行った後、Eileanに昔の多彩さを回復させました。世界で最も重要な古典と古典的なヨットツアー――「沛納海古典帆船チャレンジ」で、毎年その行方を示しています。Eileanはその優美な食水線の弧度で称して、純粋さと美学の設計の超然な模範だけではなくて、更に海洋に対する無限な情熱を象徴しました。修復されたEileanには、多くの海の特別なデザインの航海機器が配備されています。これらの航海機器は、多くの新しいタイプのインスピレーションを受けています。気圧計、湿度計、温度計、そして掛時計とEilean船の既存の装備も同じくAISI 316 L精鋼で製造されています。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 1
留言列表