望月翔のブログ 時計について

どのような仕事をすることができますか?

これまで小編の文章「何の煙を吸うのか」が転載されていたが、腕時計時代の社長がこの号文を繰り返してみるとどうなるのか。最近、どのメディアが腕時計をつけるのに適した職業があるかわからないが、医師、弁護士、パイロット、教授といったものがあった。小編みのような中学校を卒業して、カルテを生として売っていたところを見終わった後、賛嘆と嫉妬のほかに空っぽになったのではないかと思っていた。まるで手袋をかけて、型鏡を持って、ハイビジョンを撮って、「兄貴」、「老湿」たちに称賛して転送するのが腕時計消費の主流なのでしょうか。

世界で1年に10億元の時計を買うことができるのは、スイス人が自分で分析したものだ。この中には3000万円ものスイス表がありませんが、この3000万元のスイス表には900万元の機械表がありません。残りはスワキを代表とした石英表です。さて、この900万元の機械表の中には、本当に微博や微信友達の中に持ってきて、親友たちに褒められたのはどれくらいあるのでしょうか?もちろん、小編みのようなものも多く「表輪」に入る機会もなく、ただ日常生活の中で、計算するためのカウントダウンを希望しています。以前は何のタバコを吸っているかと言って、範囲が少し狭いと言っていました。それに、今の国はタバコを吸うことを奨励していません。どんな仕事をしてもまじめで、努力して、社長に忠誠を尽くすことだ。今日の小編集は「何をするのか」と言いました。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 1
留言列表