望月翔のブログ 時計について

時計の針の緩みを正しく試すにはどのようにしますか?

時計の知識:時計の針の緩みを正しく試すにはどのようにしますか?今は機械表や石英表をつける人が多いですが、石英表や機械表にしても、針と注射機構があります。しかし、多くの戴表の人はどのように腕時計のダイヤルの緩みを調節することを知らないで、針は学校の時間や日付を調合して、時計が運行する時も必ず針を動かして正確に時間を指示しなければならない。

名表のブランドの中のダイヤルとベルトの機構、主に1つの歯車があって、通常は輪を分けてあるいは“小さい中心”の輪と呼ばれるのです。この歯車のセットは中心の輪の上で、中心の車軸の上には周囲の角の傾斜角度がありますが、小さい中心の車輪の上では、対応の位置の両側にはそれぞれ1つの溝があります。つまり、その間の仕事は弾性過熱によるものです。中心に伝動する腕時計の機心は、分輪の上の車輪と分輪歯管の弾性の組み合わせです。

この場所が配合された緩度は、針を回す時の緩み感を決めて、この位置で最も磨耗しやすい。特に機械の腕時計は、常に針を回したり、カレンダーを校正しなければならず、頻繁に針を回す結果は、分輪の磨耗を激化させます。

針が非常に緩んでいると、時計の「バンドを持たない」トラブルが起こりかねない。時計は「針を持たない」というのは、時計の秒針を歩く時、針を分けて歩いたり、歩いたりしないときは、「転がっている」ということです。

だから、時計の通常の針の緩めさは、緩くないはずですが、松松は針を回す時に「力」がないと感じてはいけません。実際には、適度にしっかりとしたほうがいいと思いますが、この地方の摩耗は比較的大きいので、針を打つ時でも、秒針が止まったり、短い時間の退退が正常です。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 2
留言列表