望月翔のブログ 時計について

山地の小国スイスの「時計王国」進級の道

腕時計といえば、スイスの時計は一回りもない話題で、時計がスイスのある種の象徴となっている。これもスイス人の誇りと誇りである。

世界の時計業の数百年の発展の中で、スイスのスーパーコピー時計は風光無限の頂上に登って、衰退の低谷まで落ちていた。それでも、スイスは今でも「時計王国」の冠を自分の頭にしっかりはめて、「Swise」、「ジュネーヴの印」など、スイスの製表の品質と標準の金看板を象徴している。

歴史の上で従来の「低調」のスイスは、ヨーロッパの「列強」にどのように出てきたのか、一歩一歩「時計王国」に発展したのだろうか。

「時計大国」に隣接する

時計が最も早く誕生した国はフランスで、世界で最も古い時報時計は1305年に製造されたフランスの時計で、ボビの大聖堂に設置されている。しかし、作成したのは必ずしも業界のトップになるとは限らない。例えば、携帯のブランドを発明したのはモトローラで、大きなのはノキアで、今、ノキアがアップルに神界を引き下げる。

フランスというロマンチックな国とスイスの時計業の関係は最も密接である。スイスは1つの面積は4万平方キロメートルの弾丸の地だけで、ドイツ、フランス、オーストリア、イタリアに囲まれて、地理的な位置に影響されて、公式の言語は法のドイツ語のいくつかが共存しています。スイスの隣のフランスとドイツはすべて時計の強国で、スイスの時計の優勢はすばらしいものです。

スイスの時計業が最も発達しているところは、主にフランス語区にあります。歴史の上で、フランスとイギリスはずっと死に対して頭を打って、双方の“強迫する”は100年余り、つまり歴史上の有名な「英法百年戦争」です。この世紀の戦いの中で、フランスは最終的に優勝し、徐々に発展し始めました。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 1
留言列表