望月翔のブログ 時計について

文学の巨匠の目にある宝玉

宝玉は一つのブランドだけでなく、製表の大家を代表して、制表界の伝奇を表しています。製表は一種の時間の芸術であるが、文学は言語の芸術である。そのため、制表界の巨匠、宝玉と文学界の皆さんが出会い、二人はまたどんな火花を出すのだろうか。

「完璧な人を求めて、一人で街路通りをさまよう、時はいつか流れてきて、ふと手の宝玉表を見て、時の真の意味がわかる。」これはプヒマの詩句だが、宝玉の広告にもなった。この「ロシアの太陽」は、ロシアの小説の父でもある。

プリカはロシアの豪門出身で、偉大な詩人であり、宝玉の重要な取引先でもある。その代表作は詩体小説「葉子ゲニ・オネネ」であり、これもプヒマの最も有名な作品で、ロシアの言語規範も確立している。この作品の中で、プヒマは宝玉の時計を述べた。「街をぶらぶらしている花師は、退屈なようにあちこちぶらぶらしていた。その通りに歩いているとき、正確な宝玉表に注意して、時間は正午まで。」


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 1
留言列表