望月翔のブログ 時計について

忘れずにはなくて、必ず反響がある—覚えているジュネーヴ

入愛表族が2年以上入ってきて、いつの間にか、愛表は生活の中で最も大きな興趣になっています。愛は口で言うだけではなく、心の草は自然によく刈り取る必要があります。

もう1枚の愛表についての考えがあるが、いつも行動に移されず、オメガ、ロレックス、万国、真力の時、ゲーラソディ、様々な時計が花のように目を通し、時間が長くなり、気持ちもますます穏やかになる。ある人は表の過程を選んで、葛藤の苦痛、焦っているお金を使って、また衝動的な罰で、私はむしろこの翼をくださいを享受するのに及ばないと思って、縁のある彼女が懐中にぶつかって、一瞬、刹那のような喜びを味わった。

というのは

愛表族に毒がある

花が目に入る

長草を読んで急に切るな

氷気をつけておかないと。

次第に、時計の欲がますます淡々としていて、心の中では考えたことがあるが、いつ何日に何の時計が腕につくかを求めていた。去年のある日まで、神の加護に至って、幸運の神は長年愛顧していない私に、一度の夢の機会を得て、時計の都を旅して――ジュネーヴに行って、これはすべての愛の時計人の心の中の天国であると思います。

ビザの申請が完了した後に、私は今回のスイス旅行を積極的に調達しました。このスイスの旅については、このつぼの中の学生たちはすべて知っています。スイスは各種の名表の産地ではありますが、その税率と消費レベル、割引と価格はあまり良くありません。前に気になった水鬼やポルトガルも大ブームだと思いますので、出発前に本格的に手に入れたつもりはないと思いますが、ゲーラソディ?ドイツでスイスの時計を買った宿題を見たことがありますが、スイスで徳表を買うのはお得なことを聞いたことがありません。友達との冗談との間に、私はまだ我慢していません。

1月末に、ついに朝聖の道を踏んで、ジュネーヴに到着した3日目、食事の時間にはまだ1つの会があり、ホテルから歩いてモンブラン大橋を通り抜けて、湖の辺とRUE DE RHワンピースの両側には各大きなブランドのコーナーと表行、ショーウインドーの中には各色表があり、私と仲間が絶えず略奪を起こす考えを持っています。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 1
留言列表