望月翔のブログ 時計について

「150周年」スペシャルリスト

視覚的に見ると、この「150周年」の特別版時計はその年の懐中表と非常に近いが、そのデザインは少し簡素化されていることが判明し、主にディスクの圧印線とジャンプ字でウィンドウの外縁の線を表示する。元の懐中表のようなのは、回字紋のようなデザインに似ていて、小さくて細い線を二つに変えて、早前の時と単語を弱化し、12時の顕時の窓を見て、階段式のデザインを取りやめた。個人的には、新金はモデルの雅感を残していると思いますが、より簡単に現代感があると思います。表盤の質感はエナメルによく似ていますが、実際には滑らかな漆質、青や白など、同じように温厚で滑らかなエナメル質感が現れています。ブランドの紹介によると、この滑らかな漆皿は、12階までの高品質の漆を塗って、さらに磨きをかけることが必要です。これは、今年の万国すべてのJBileeシリーズ150周年のラゴ以外の共通の特徴です。

「大口径」はこの表の別の特徴です。まずその原型は早年の懐中表で、次の表殻内部には複雑な飛び込み機構と60時間のエネルギー備蓄を提供する双発条箱を搭載しているので、大サイズは必然の選択です。45ミリというのは、私にとって大きくなったのですが、短い時計の耳は比較的大きくなくて上手ではありません。

表盤の下の6時位は秒針盤で、時計の冠を引き出す時には秒針を止めて、目的は時間をより正確にすることが目的です。表冠を抜くことで、時盤を自由に調節することができ、正反対に回転するのもいいし、操作が楽で、手触りが軽くて滑らかである。時計冠を回転させる時、時にはデジタルディスクの瞬跳びによる呼応感がすばらしかった。指から表冠をひねって、数字の瞬间にジャンプして、少しも後感がない。秒針と跳ね字システムが同期している、この非常に面白い連動構造、前の原理を説明する時に紹介したことがある。少しずつ、分と1時間でジャンプして、視覚的に非常に癖になります。

「150周年」という敬意を込めた「150周年」のスペシャル版は、プラチナの白盤は25枚、人民元は48.8万円、紅金白盤は250枚、77万、精鋼ブルーディスク、500枚限定、17.5万枚。選金はやはり鋼を選んでいますか?25枚だけのプラチナの金は明らかに少数のVIP顧客の選択になることができて、紅金金と精鋼金の個人はすべてとてもすばらしい選択だと思っています。比較的に言えば、紅金の白盤は更に復古して、青い皿は更に現代のためにもっと組み合わせて、当然価格ももっと安いです。ところで、「敬意を表したポルウェイ」シリーズには、より原味のある紅金白塗りの懐中時計、本当に復古金が好きです。これもいい選択です。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 2
留言列表