望月翔のブログ 時計について

夢の名ですぐに旅立ったビータテのCARTSは何穂を手にした夢の旅

カルティエは、「夢を追う女の子」と手を携えて何穂かを手にして、魔力に満ちた信物であるミラテのCartierシリーズで夢を放ち、色とりどりの世界の中で、心の力に従い、未来、愛情、そして自分との多彩な旅を開く。

「植物の光」緑玉の髄——未知の可能性を探る

「世界があなたの前に咲いているときに、自分をもっと良くしない理由がある」。

生命の色を象徴するミラテのCartierグリーン玉髄の作品は、光の作用の下で最も十分な自然エネルギーで、夢を追う旅に護衛する。緑玉の髄に守られた何穂かは、未知の熱気球を探索し、山川の間で、朝の暮れの交わりに、大千世界の素晴らしさを見下ろし、未来を成し遂げる勇気と自信を抱いている。

夢の名ですぐに旅立ったビータテのCARTSは何穂を手にした夢の旅

何穂はミラテのCartierシリーズの緑の玉の髄を身につけて、自然の輝きを発散して、勇敢に未来を探求します。

「本真の光」は、真実の自己を探る

「夢の中で私の姿は、最初の自分。」

力と本源を象徴するミラテのCartier Chartier Chartierの作品は、純粋で真実であり、生命の源として、夢を追う旅の中でたまに迷った時に最も堅固な信念がある。ベルナウの付き添い、午後の喫茶店の何穂をぶら下げて、霊感が湧いて、心の埋蔵されて久しい本当の私は、生まれながらの優雅な間に、一歩進んで、夢と肩を結ぶ。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 2
留言列表