望月翔のブログ 時計について

光と影の人生——IWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニー柏涛フィノ八日パワーリザーブ「2016北京国際映画祭」の限定版

映画屈折人生、幻の光の世界では、世の変転、人ごみにし、一人一人が時空を超えて、生死を越えて、この2種類の映画や腕時計が時間の流れをイメージした芸術、運命がかか終わらない物語。映画は書籍、絵画、しかし、それよりも直感的に信頼できる。映画は一人の人にとって、独立思考などすべて深遠な影響を持っている。別の角度にとって映画を提供するのは万華鏡、多元化のたくさんの可能性についての世界を形成し、世界観を開拓する視野に違いない、補助を心の一番確か価値の役割。

\

シャフハウゼンIWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニーと映画の世界は終始一貫して深いきずながあるブランドに取り組む映画産業の協賛、凝縮完璧工芸の経典の時計を映画の表現力をもっと臻完璧。インターナショナル・ウォッチ・カンパニーは2013年から務め北京国際映画祭指定腕時計や公式パートナー、サーボ中国映画産業の発展と革新。この間、インターナショナル・ウォッチ・カンパニー第四年を北京国際映画祭、映画伝説の人物を授与され秦怡「IWC傑出映画人」大賞。それに、今回はIWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニー特別発売した柏涛フィノ手動でチェーン8日パワーリザーブ腕時計「2016北京国際映画祭」の限定版は、時間と映画のシームレスな結合、弁舌を物語っている光の中の違う人生を。

光陰矢の如し;秋の日は釣瓶落とし、覚えている子供のころあの純粋で天然の野外映画の場面では、その時のところ映画が放送され、全村が出動し、小さなベンチをつかむ位置、夜も戸締まりをしないその時よくある。「ぴかぴかの赤い星』、『上甘岭』、『平原ゲリラ》、《9色鹿』、『エペンディ物語』など観学院の雀は蒙求を囀るの映画、そのシステムの記憶を永遠に心に根を下ろし、復習してこれらの映画あるいは関連して文字の書籍にはすべての人の記憶を呼び起こす封じ。今回の映画祭の出したこの「2016北京国際映画祭」の限定版は敬意を表する時間映画との緊密な関係、時間のきずなを一段話が広がって、人に与える永久の思い出として、腕時計キャリアは時間をの物語に形の物件になって、無形の内容が重くなった。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 1
留言列表