望月翔のブログ 時計について

エナメルと漆芸の恒久の美、セイコーPresageシリーズろくじゅう週年記念限定版腕時計

ろくじゅう年前の1956年、セイコーを作成傘下の第1枚の自動的に腕時計、もちろん搭載した内部もブランド自主開発のムーブメント。だが、この時計ブランドの歴史はもっと早い年代までさかのぼっ。早く1913年セイコーがつくった名をLaurelの機械式時計で、それも日本の本土の第1枚の腕時計の間。その後、1969年、セイコーが発売された初の同時に搭載星柱轮と垂直交チェーン装置の自動クロノメーター。今年のバーゼル表展で、セイコー発表した2項の新しい時計は、これらすべてのかつての経典に敬意を表する:セイコーPresageシリーズろくじゅう週年記念限定版腕時計。この2項の表も含まれてる驚き:ブランド自制ポスト輪自動的にムーブメントの由来Laurel表項のエナメルや漆芸文字盤、3000万ユーロの価格より高い…それに、日本国内市場に限らず、世界的には世界で発行される。

新しいセイコーPresageシリーズろくじゅう週年記念時計時計2種類のデザインが選べる:モデルSRQ019の白盘デザインや型番SRQ021の黒盤デザイン、どちらも完璧に見せて古くて精緻な工芸。時計の文字盤に白い盤面の使用は名を大明火エナメルの技術、其先で覆う表面は細粉に入れ窯炉高温アニーリング。具体的な流れ小編は言いません、とにかく、これは1種のきわめて複雑、FT率は非常に低く、不確定要素百千(湿度や天気など、つながる気泡や割れなどが)の高級技術。だから、はすべての製品が成功を通じて最後の品質監視のほとんどごみで、これも招いたこの工芸盤面の価格高騰の主な原因。また、大明の火は、ホーローの加工の文字盤、光沢は、数十年持続可能な。

まだまだ制のかなりの数(せんの盤面)が、各文字盤はははMitsuru Yokozawa(横沢満)マスターをはじめとする師チーム丹念に作って。この腕時計の文字盤に塗っSRQ019印刷、アラビア数字に標(風格とブレゲに近い)、じゅうに時位の数字は独特の赤という点で、1913年のLaurel表のように、と文字盤色対照的な靑い指針。同時にカレンダー窓の週りの人々が淡い黒は、言うことができるのは文字盤の「手作り」制作証明して、それは炎の跡。

第二項の型番SRQ021の黒い盤面腕時計は大明火エナメルではなく、漆芸、また一種の古い手作り技芸、名人の手、才能はの完璧な表現。この時計の文字盤は日本の主要な島々本州、西部金沢市漆芸工房の名人級の人物Isshu Tamura(田村一舟)を制作、使ったの生漆この材質は日本から漆の樹液を得る。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 1
留言列表