望月翔のブログ 時計について

シチズン光エネルギーよんじゅう週年デビュー上海虹橋国際空港世界巡回展

1976年以来初の太陽エネルギーを動力シチズン時計のポインター石英登場以来、光エネルギー技術を歩んでいたよんじゅう年。これを祝う画期的な一年、シチズン世界七国際空港で開催する「エコドライブLounge」をテーマに展開。継ドバイ、シンガポール後、今回はじゅうに月中国に上陸、上海虹橋国際空港に号ターミナル空港ロビーから一ヶ月間の展。

20世纪70年代半ばのエネルギー危機時代、シチズン光エネルギーを開発しましたを通じて任意の中核技術を吸収して可視光を含め、自然光や人工光を電気に変換を腕時計の運転持久動力を提供する。40年間、シチズン技術革新、開拓、国境を突破して、打ち出したシリーズより薄型で、より小さく、もっと軽やかな光エネルギー腕時計、探索と創造の世界がもっと切実な可能性の。

結合光エネルギーよんじゅう週年のテーマは、今回の「エコドライブLounge」全世界テーマの展示会は上海駅を設計する今年バーゼル時計展の上のアイデアコンセプトは、金銀白ムーブメントの図案を背景に、現れシチズン光と時間の未来を考えること。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 0
留言列表