望月翔のブログ 時計について

オリスビジネス時間アーティストOris113自主ムーブメント腕時計

オリスは2017年バーゼル時計展、正式発表第四項長動力はホスト芯–Oris113。新型ムーブメントを継承した前作110、111と112のじゅう日超動力貯蔵及び特許ノンリニヤリティ動力貯蔵表示機能を追加した創意週数指示。搭載Oris113はホスト芯の芸術家に腕時計を表出モダンなビジネススタイル。

オリスのタブ歴史無比輝きは、1904年誕生至上世紀ななじゅう年代末、かつては相前後して開発したことがあっても様々なムーブメント279項。ピーク時には、毎年120万本を超える腕時計と、オリススイス元の工場で製造しマーケティングの世界。石英の危機を経験した後の数十年間、オリスずっと諦めていない復興タブ伝統の夢、ついにブランド誕生110週年の2014年に発売し、再び独立研究開発製造のOris110ムーブメントへ戻った自給ムーブメントブランドの行列。その後の数年の中で、Oris111、112が相次い、さらに改善したオリスの自ホスト芯の生産ラインをOris113の開発を布石としてしっかりとした技術の基礎。

Oris113自主ムーブメント継承前作のじゅう日動力を保存と特許ノンリニヤリティ動力貯蔵表示機能が増えたのは、曜日表示とビジネスの意味も週数指示機能。これらの革新と実用の機能は初めて1個の機械の機械の中に結合している。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 2
留言列表