望月翔のブログ 時計について

[アイコニックピースの肖像 37]オーデマ ピゲ ロイヤルオーク オフショア

彼らふたりの狙いは明確だった。約20年前にリリースされたロイヤル オークを若い世代向けに仕立て直すこと。そのためギュエは、ケースを大きく、分厚く仕立てようと考えた。サイズは42㎜に拡大され、防水性能は100mに向上。「モジュール型のクロノグラフを収めるために」(ギュエ)、ムーブメントを覆う耐磁ケースが加わった。しかしギュエ曰く、4年の開発期間中、半年ごとにプロジェクトを止めるよう要求されたという。「ケースが大き過ぎるし、重いし、コマーシャルでもないと言われた」とギュエは語る。確かに開発が進められた90年代初頭、時計のトレンドは、薄くてミドルサイズの時計だった。


 93年のバーゼル・フェアに並んだこの大きな「スポーツウォッチ」に対して、関係者たちの反応もやはり芳しくなかった。「こんな時計が売れるのか?」と尋ねたのは、今やMB&Fを率いるマキシミリアン・ブッサーだった。オリジナルモデルをデザインしたジェラルド・ジェンタの反応は一層激烈で、彼は「ロイヤル オークを破壊した」とオーデマ ピゲのブースに怒鳴り込んできたという。


 しかし〝新しいロイヤル オーク〟は、たちまちベストセラーとなった。「玄人の愛好家たちが好む時計」というロイヤル オークのパブリックイメージは、このオフショアで一新されたのである。そのオリジナルに敬意を払うかのように、オーデマ ピゲは今なお、42㎜モデルをラインナップに留める。大きく変わったのは文字盤の意匠程度。しかし技術の進歩を反映して、時計の完成度はいっそう高まった。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 2
留言列表