望月翔のブログ 時計について

日本上陸100周年を祝うヴァシュロン・コンスタンタンの限定モデル

1917年より開始されたヴァシュロン・コンスタンタンの日本での正規販売は今年で100年を迎えた。そんなメモリアルイヤーを祝うべく日本75本限定で発売が予定されているのが、「トラディショナル日本100周年モデル」だ。


「トラディショナル日本100周年モデル」では、ラウンドケースやレイルウェイのミニッツトラック、18Kホワイトゴールドで作られたアプライド・インデックスなど、トラディショナルコレクションのアイコンがしっかりと取り入れられている。今夏に発表、発売された「Ref.82172/000R-B402」もスレートカラーの文字盤が特徴的なトラディショナルコレクションだったため、一見すると同製品で使用されているピンクゴールドをホワイトゴールドに替えたモデルのようだ。しかし、つぶさに見れば日本上陸100周年を祝うモデルとして手の込んだ装飾が施されているのが分かる。


 スレートカラーの文字盤にはヴァシュロン・コンスタンタン熟達の職人による手彫りギヨシェが施されており、そのパターンは日の出を想起させる。また、12時位置の文字盤外周には“JAPAN 100 YEARS LIMITED EDITION”のサインが密かに刻まれているほか、ケースバックには“75 Pieces”の刻印が入っており、控えめながらも日本だけで発売される75本の限定品であることが主張されている。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 1
留言列表