望月翔のブログ 時計について

時間を越えて思い出の旅は、「CHRONOGRAM」研究計画

値2016年ジュネーヴ国際高級時計展も開催にあたって(SIHH)、バセロンコンスタンチン発表「Chronogram」の研究計画の結果、計画とDigital Humanities LabやEPFL+ECAL Lab 2所ローザンヌ連邦理工学院(EPFL)の実験室を提携し、卓越した会社の資料室に転化してセット情報システムとその重要な価値だ。

350以上の延米のファイルは、1775年以来溜まっ今、秘めヴァシュロン・コンスタンタンの思い出。は2014年、バセロンコンスタンチンと2つのローザンヌ連邦理工学院の実験室の協力を確保するため、これらのファイルが永久保存、そしてそのに新入生。

ローザンヌ連邦理工学院のDigital Humanities Lab 2年近くかけ、新たなデジタル開発及び自動転写技術は、バセロンコンスタンチン膨大な文献記録転化を完備したファイルの情報システム。そしてEPFL+ECAL Labはその視覚言葉や説明の原理の研究の結果、新興技術の研究開発は、潜在的なこれらの膨大な情報遺産に転化して経験コンサルティングの装置。三部装置の霊感はそれぞれ仮面芸術、剣撃マスクやパノラマ望遠鏡、使用者に全力投球ヴァシュロン・コンスタンタンの長い歴史の中で。


Tags:

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 3
留言列表