望月翔のブログ 時計について

リオデジャネイロにオリンピック期間限定で「オメガハウス」がオープン

 1932年以来、27回⽬のオリンピック公式計時をつとめるオメガは、イパネマビーチにオリンピック期間限定でオメガの完全招待制メンバー限定クラブ「オメガハウス」をオープンさせた。オリンピックという世界最大規模のスポーツイベントを盛り上げるに相応しい、ラグジュアリーな空間を提供している。砂浜とヤシの⽊越しの景⾊を臨む「オメガハウス」は、イパネマビーチにあるイベントスペース「Casa de Cultura Laura Alvim(カーサ・デ・カルチュラ・ラウラ・アルヴィム)」に設けられた。室内は、「スポーツ計時」、「宇宙探索」、「⼤海原の遺産」、「⼥性のためのタイムピース」、「腕時計作りのイノベーション」というテーマ別に演出されており、オリンピック開催中にはスペシャルイベントが数多く予定されている。
8/6(土)に「オメガハウス」で催されたオープニング・イベントでは、オスカー俳優でオメガのブランドアンバサダーでもあるエディ・レッドメインが登場。他には、モナコ⼤公アルベール2世殿下、伝説のブラジル⼈セーリング選⼿でオメガ フレンドでもあるトーベン・グラエル、ブラジル⼈デザイナーのフランシスコ・コスタ、そしてアメリカ⼈⼥優のカミーラ・ベルと、錚々たるゲストの顔ぶれに彩られ、4年に1度の世界的な祭典の開幕を祝う夜に相応しい一夜となった。レッドカーペットに登場したエディは、オメガハウスのオープニングについて尋ねられ「オメガハウスは豪華絢爛だと聞いていましたが、その通りですね。この場所で⾊々な⼈と交流するのは素晴らしい経験になるでしょう。できれば、オリンピック選⼿に会ってみたいです。ここはまるで天国ですね。」と語った。エディはまた、ブラジルの印象について「ブラジルには今回初めて訪れました。ほとばしるエネルギーや、活気、独特の⽂化、そしてダンスと⾳楽が有名である事は知っていましたが、実際は、全部私の期待以上です。妻と私はここに来られとてもラッキーだと思っています」とも述べており、アスリート達の激闘をサポートするオメガの想いが詰まった場所となっている。

留言列表