望月翔のブログ 時計について

ジャック徳ルーマニアとは奥深い自動人形工芸:署名機器

 ここ三世紀前、ピエールやジャック徳羅(Pierre頼りJaquet-Droz)3基の生き生きとした自動人形作家(ザWriter)、画家(ザDraughtsman)やミュージシャン(ザMusician)震撼ヨーロッパ皇廷。の中で一番驚いたのは「作家」と、彼をプログラムに設定を親書き付けた文。この伝奇性の人形はコンピューターの前身とされている。それだけでなく多くの科学研究の対象として、しかもマーティン・スコセッシ(マーティンScorsese)撮影映画『ユゴーのパリ不思議な冒険』(そHugo Cabret)提供したインスピレーション。ジャック徳羅(Jaquet Droz)の工芸大家達よずっとこのユニークな技術を伝承、怠らない。2009年発売の人々を驚嘆させるような「書く時間の機械」(ザTime Writing Machine)や最近発売の2つのダイヤルに濃縮自然風活動シーンの腕時計「時報の鳥が三問」(ザBirdRepeater)と「魅惑の時の鳥」(ザCharmingBird)はみな証拠。
今年、ジャック徳羅(Jaquet Droz)はまた新たな一歩を踏み出し、発売1件の驚くの芸術の作品「サイン機械」(ザSigning Machine)。「サイン機械」(ザSigningさMachine)演じる歴史悠久のカム技術と精妙绝伦の傑作。それは体積、コンパクトサイズと新時代の象徴であるスマートフォンのキーワード。
「サイン機械」(ザSigning Machine)を受けるよんしよ桁パスワードの保護、黒っぽい殻側縁のレバレッジは起動手動でチェーンメカニズム、だけでは一つの技術遺産。それは全機械化の方が運営し、ユーザーの需要に応じてオーダーメード、デザイン、シンプルで独自の現代感。軽く押さえて、本体から折りたたみ腕と1本のサインをしてください。手作りのインストールのカムシステム駆動できる精密複雑な機械操作して、それによって一貫して自然のフォントをコピー。「サイン機械」(ザSigning Machine)可寸分も違わないコピーその所有者のサインを通して透明なウィンドウズより鑑賞内部メカニズムの運営プロセス。今のデジタル制覇の時代、ジャック徳羅(Jaquet Droz)は傲然として示しそのユニークな魔法の機械の魅力。

留言列表