望月翔のブログ 時計について

スイスは、短期的には、飛び込みの期間は、さ

 中国とスイス先日終瞭に署名した瑞は貿易協定の交渉の覚書:ほとんどの製品はゼロ関税。スイスの多くのスイスファンの想像空間を刺激する。
先日、国務院新聞弁公室で行われた中国―スイス自由貿易協定交渉結果ニュースブリーファイグが、表ファンに失望した:スイス時計ゼロ関税予言空。からの具体的な降税手配を見て、スイス時計から貿契約発効の日から降、第一年以降毎年約18%に下がって、5%下がって、つまりじゅう年内を60%の関税。合意内容によって、スイス中国へ輸出の99 . 7%の貿易量が同意して実行ゼロ関税、そしていかなる過渡期で、殘りの0 . 3%に0.29%は一部の降税、スイス腕時計はこの0.29%。
時計が短期的には動かない
にもかかわらず各専門店も今後値下げの可能性は少ないが、インタビュー中に発見され、「三公」消費、贅沢品の販売は鈍化などの影響で、一部の高級時計もひっそりと「低く体」、一部の時計の専売店を打ち出した「会場8 . 5割」、「観る」9 . 2つ折り「最高はち折り」などの割引、集客に是非購入。
関税の一部の時計の価格の価格の影響を下げてどのようにするか?商務部部長助理、中国代表団の団長で交渉俞建华メディアの取材に「:「スイス時計の関税を10年以内に降が60%、いつから降りて、協議の日から発効から降、第一年以降毎年約18%下がり、降5%下がって60年じゅう。市場価格に至って、関税はただその中の1つの要素で、重要な要素は、市場の需給関係が決定した。彼は」は、関税のほか、増値税、消費税など、これらは自贸区範囲。だから五年、十年後スイス腕時計の価格が市場にで一体いくら安くなってしか見。「大トレンドは価格が下がるべきか、多少下がって、今はまだ確定できない。」

留言列表