望月翔のブログ 時計について

「束の間・永久不変——カルティエ時間芸術展」上海現代芸術博物館正式開幕

 時の旅を越え、芸術の時空を。ごじゅう週年記念中仏修好一連の活動の一つとして、「瞬時・永久――カルティエ時間芸術展」が開幕式典は上海当代芸術博物館で盛大に行われ。フランス大使白林阁の下で、上海市文化放送の映画とテレビの管理局の副局長贝兆健さん、上海当代芸術博物館館長龚彦さん、策展人国際有名デザイナー、吉岡徳仁さん、カルティエグローバル社長兼CEOの邓阁士さん、及び多くの芸術文化界傑物一堂に集まる。また、スイス大使閣下戴尚贤より早めに親しくパビリオンプレビューで、カルティエも誠意をもってアジア天王アンディ・ラウさんのトップスター娯楽界ゲスト展覧会を見学して、共にこの芸術文化交流イベントを開いて盛大な幕。
継スイスチューリッヒベイラー維博物館とシンガポール芸術科学博物館に展示されてたから、今回の上海当代芸術博物館主催の「瞬時・永久――カルティエ時間芸術展」は1880年の1項の黄金のブローチ表をはじめ、180余件を通じて時計臻品リード観客と一緒にいる時間を西洋の進化史、鑑賞「時計史の奇跡」——神秘鐘背後の魔法の奥義を味わい、にじゅう世紀初頭タブ領域の前衛の美学と革新を突破、中国、エジプト、ロシア、インドなど中国文明は時計創作中の文化の衝突を味わって珍しい大師工芸と時計師現場展示のムーブメント製造工程……今回の時間の旅の終わりに、2項のユニークなコンセプト腕時計は招待観客と一緒にふくらますタブ業の未来。

留言列表