望月翔のブログ 時計について

ブレゲ(Breguet):光溢彩腕の間に咲く

 十八世紀のヨーロッパ皇室に心を引かれる綺麗ではの生き方や優雅高貴な宮廷装飾芸術、色に対して芸術を追求すると運用は頂点に達して。人はの副虹の裳裾アクセサリー、建造庭園や様々な珍しい草花栽培、色とりどりの色を組み合わせて、装飾や飾りを享自分の片絢爛色。そのメアリー・アントワネット(Marie-Antoinette)後は色に対しての運用を達成し水の出ばな独自のセンスは、色彩によって表現した自分の自由を愛し、自由主義、自己の意誌を求める。
ヴェルサイユの小さなティア農宮として伝奇皇後メアリー・アントワネットの一番好きな所に殘した印メアリーの多くの歓楽。ここでは、彼女は自分の距離に戻ったようウィーン遠くない故郷Schönnbrunn、鮮明で美しい色と活力に満ち、法制の礼儀と道徳の束縛されない。メアリー・アントワネット皇後ここで過ごした多くの夏、各種宴会やレジャーは寄せ、すべてのような喜びの場合も、運用大片鮮やかな色を飾って宴会場、享楽し時だけ心の歓楽と無邪気。マリー・アントワネットながらこの美しい宮殿の庭園に彼女の避難港、ここのすべてすべてそんなに簡単で、自然で、楽しくて、思わず世界はそう信じて。彼女は掘っていた水道、宮殿週辺を作って田園牧歌的な風景、皇後も曾常庭の古いオークの下で納涼避暑、日光は鮮明で美しい花を遊ぶ間、緑を悠然と夏の植生、偷得浮生半日ほど暇で、十分に満足。

留言列表