望月翔のブログ 時計について

CORUMコルム中秋節傾情臻选海上生明月、腕の間係慕情

 Corum海軍大将カップシリーズは1960年に登場し、これまでずっと活力を動感や剛陽優雅もスタイルで、リズミカルな声に演じているCorumブランドの精髄と個性、海軍大将杯マークの12角形ケースと三角カラー航海旗に打ち立てその割標設計をタブ業界は腕時計デザイン分野のナビゲーター、長持ち。長年来、シリーズを発売しても休まない様々な驚きと殺到するの腕時計のデザインで、しかし航海運動の深い縁を一貫して。
海軍大将杯AC-One潮汐の腕時計:勇姿さわさわと、破竹の勢い参考価格RMB 73、600
一度の潮は、銀河の中では、明月の陰晴の陰晴が欠かせない。たとえ視徴途星海の航海でも、どうしても情景は遠くで憶起の肉親だ。今回臻选の海軍大将杯AC-One 45潮汐の腕時計、使用する海洋靑機体の主体として色合い、まるで呑み込んでの航海の化身と、破竹の勢い――勇姿。簡明読みの3つの附属文字盤を飾りがCorum独占デザインの「カットザクロ」柄の主が表面に詳しく、はっきり示しCO277自動的にムーブメント実現のすべての航海指示機能:じゅうに時位置の月相と潮汐強度、きゅう、く時位置の2つの潮汐時間、ろく時位置潮汐膨張退や流れ強度。多層膜ケース内環カ所の絵が海軍大将カップシリーズのシンボル的な航海旗図案を経て、中間は靑いPVDコーティングのチタン、色と呼応を作成するケースは、豊富なグラデーションもも、男性の壮健気質。直径45ミリのケースをご級チタン慎重に作成する、腕時計の外形とともに失わないで気前が良くて、軽くて、表背より、サファイアクリスタルガラス、運転がくっきりと見えるのカリスマと自動的にムーブメントのコントラスト。

留言列表