望月翔のブログ 時計について

自分で修理バセロンコンスタンチン腕時計:インストール上条ダイヤル針機構部品

 いち、取り付けバセロンコンスタンチン時計離合輪、立轮と柄軸(図いち)は、主に添え木文字盤に置いて、左手の親指と人差し指を握る主板の両側、中指を当てに形の穴、顺次入れ立轮と離合輪、再挿入柄軸。平面表機のクッションの修理者が取り付け時、比較的便利です。
には、インストール時計を引くと枠枠軸を引いて枠板を決まれ軸装枠を引いて枠に穴穴を軸にどんなセット枠を引いて枠の端の柱にはめ込まれている柄軸の溝に。
3、インストールクラッチ、クラッチ、リード、ぜんまい。クラッチを竿のシャフトにはめ込まれている離合輪溝で、もう端つなぎ止めて離合棒杭。バセロンコンスタンチンメンテナンスを注意してもし離合レバーバネの弧の段に杭をセットし、曲げフック段当て主板溝の壁に、動きを弾いて段に置いて離合竿に一時的には、柳が棒の偏平段押さえつけ離合レバーバネの弧の段、更にピンセットと鉗子で動きを弾いて段に繰り入れるクラッチレバーサイド。その後は圧力バネ位置決め穴に杭をセットして、圧力バネの主体は蓋して離合レバーとリードし、一定の隙間。この時の圧力バネ位置決め溝と釘合って枠ではないですが、ちょっと旋动圧力バネのネジ、ダイヤル位置決め溝に位、そしてボルトは弁当が多い。

留言列表