望月翔のブログ 時計について

CKBとそのホームタウン・横浜をイメージした限定ピース

 

いまや「音楽ジャンルからの解放」を旗印に、全方向型音楽を展開するCRAZY KEN BAND。常にアグレッシブな向上心にあふれる活動を続けてきた“東洋一のサウンドマシーン”と、Made in Japanの誇りと妥協のないモノ作りに取り組んできたカシオが、ひとつのコラボレーションモデルを誕生させた。

それが、この「オシアナス」の貴重な限定モデルである。

「オシアナス」の最新バージョンであるハイブリッド電波モデル「OCW-G1000」をベースに、ボーカルの横山剣氏がこだわり抜くブラックとブルーという配色をチョイス。CKBのルーツである横浜の景色を彩る、レンガをモチーフとするパターン装飾が文字盤に施されている。リューズには「ロック」をもじって”69″という刻印を入れ、裏ブタには、CKBのロゴとシリアルナンバーを刻み、スペシャルモデルの雰囲気は満点だ。

ブラックセラミックケースで10周年を祝う限定版

 

「まるで航空機の計器盤から引き抜いてきたようだ」と、このモデルが登場した当初から形容されてきた。そのスタイルは異彩を放っていたが、ほかでは得られない斬新さを求めるファンに支持され、ブレイク。10年が経過した今日「BR01」とその派生モデルは、もはや腕時計業界になくてはならない存在となった。

その10周年記念モデルは、ブラックセラミックケースを採用したオールブラックモデル。“計器”という基本コンセプトを継承し、12、3、9時位置のインデックスは、実際の航空機の計器で用いられているフォントを採用している。文字盤6時位置には10周年のアニバーサリーモデルであることを示すロゴ、ケースバックには貴重な500本モデルのシリアルナンバーが刻まれている。時、分、秒針以外の機能を持たない姿は、ミニマリズムの権化であり、カラーリングと合わせて、スペシャル感を醸し出している。

期間限定で展示された歴代モデルが好評で常設化

 

「樫尾俊雄発明記念館」はカシオ計算機の名誉会長である樫尾俊雄氏(故人)が残した発明を世の中に伝えることを目的に設立された記念館である。カシオ計算機の創業と発展を支えた樫尾氏の旧邸宅を改装し、2013年より公開されている。

時の記念日である6月10日より7月24日まで開催した特別展示では、1980年代からあらたな機能を開拓してきたカシオの多機能時計を「ビジネス」「健康・フィットネス」「エンターテイメント」「アウトドア」の4つの分野に分けて紹介。ICレコーダー機能を搭載したDBC-V500、ラップメモリー機能を搭載したSDB-300W、対戦ゲーム機能を搭載したJG-100、放射温度計測機能を搭載したTSR-100など、現在のスマートウォッチが搭載しているスケジュールや連絡先の管理、辞書、GPS、脈拍数測定、通信機能などを先駆けて実現してきた製品群を展示したところ、好評を得て期間延長の希望も多かったことから、9月1日より再公開、同展示を常設化することになった。

Tags: 多機能時計

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 5

独特の唐草模様の彫金が映える

 

腕時計の内部機構が透けて見えるシースルーモデルは、機械式時計の面白さを堪能させてくれる。ゼンマイが徐々に解け、歯車が連動して、アンクルやテンプがけなげに動いて、それに応じて針が回る。そんな様子を観察することも機械式腕時計の楽しみのひとつだ。

自動巻き式ではなく、手巻き式なので、ケースバックのメカニズムを鑑賞するときに、遮るものがなく、いちだんと深く味わえる。また文字盤や、ムーブメントの地板や受け板に施された繊細な彫金も楽しめる。その唐草模様の装飾は、かつてのクエルボ・イ・ソブリノスがキューバ・ハバナに構えた本店の金庫にほどこされていた装飾を、再現したものだ。繊細な細工によって時計界では異色のラテン系のルーツをもつことを表現し、機械式時計のもつ芸術性をも再確認させてくれる貴重なタイムピースである。

初のチョコレートブラウンのセラミックス

 

チョコレートブラウンは、近年、文字盤カラーとして採用例が見られるようになったが、セラミックスのケースカラーに用いられるという発想は、業界初となる。

ハイテクセラミックスには、ラドーが得意とする技術があり、専用の高温炉でケースを焼成して、初めて生まれたものだ。ブラウンに発色したモノブロック構造のケースやブラウンのパーツを繋ぎ合わせたブレスレットは、ポリッシュもしくはサテンに仕上げられ、時計の表面に微妙な明暗を生み、美しい立体感を生み出している。

同色で仕上げた文字盤、ローズゴールドで表面を仕上げたリューズ、インデックスや針とも絶妙にマッチし、デザインの統一感も取れている。ハイテクセラミックスゆえの耐傷性の高さも魅力的だが、もはやセラミックス時計もデザインで選ぶ時代が到来している。

Tags: 耐傷性の高

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 2

縦横にあたらしいセラミックス時計を生み出す

 

ラドーの歴史は、異素材との格闘の歴史と言っても過言ではない。ハイテクセラミックスへの取り組みも、最初に取り組みをしたブランドとして知られており、2015年は、そんなハイテクセラミックスウォッチが次々にリリースされる予定だ。

注目したいのは、チョコレートブラウンのセラミックスモデルであり、これは従来にはまったく見られなかったカラーリングで、あたらしいエレガンスを腕時計にもたらすものだ。

これらにくわえ、メタリックカラーのプラズマセラミックスモデルの充実や日本で先行発売される「トゥルー」の新作にも注目が集まっていた。“MODERN ALCHEMY”(モダン・アルケミー)=現代の錬金術を、2015年のラドーは製品コンセプトに掲げているが、メタルではない素材で、メタル以上の強さと価値を持つ時計を生み出すラドーは、まさに「現代の錬金術師」と呼ぶに相応しい。

Tags: 格闘の歴史

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 2

カラーバリエーションはブルー、ホワイト、セラミック・ガンメタルの3種

 

新作モデル「カッラーラ」はダビデ像やパンテオン神殿とおなじ産地の大理石でケースが作られたタイムピース。大理石の産地カッラーラはフィレンツェからちょうど100キロのところに位置する。新作モデル「カッラーラ」は、そこで採掘されたホワイトとダークグレーの石目が特徴的な大理石をケースに用いている。

通常ジュリアーノ・マッツォーリの時計はリューズが2時の位置にあるが、新作はクラシックかつトラディショナルな印象を与えるため、3時の位置にセットされている。

ダイヤルのカラーバリエーションはブルー、ホワイト、セラミック・ガンメタルの3種類。立方体状にセットされた3Dのホワイトインデックスがダイヤルへアクセントを与えている。

Tags: 新作モデル

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 2

シンプルの定義を変えたエスリンガー氏のフロッグデザインの功績

 

1969年ドイツで創業し、世界的なデザインコンサルティング会社となったフロッグデザインは、1980年代半ばから90年代初頭にかけて初期アップル製品のプロダクトデザインを担当したことで知られる。アップル製品のほとんどはデザイナー名が公表されないが、フロッグデザインは別格であり、そこに高いリスペクトがうかがえる。それを指揮したのがエスリンガー氏だ。

エスリンガー氏がデザインした「ラナ」ウォッチは、時計好きばかりでなく、アップルはじめプロダクトデザインに興味関心のあるマニアからも注目を集めている。そこでジャーマンデザインの特徴と革新性を通して、さらに広がるウォッチデザインの可能性について探る。

高度な技術力とプライドを持つ信頼の腕時計

 

ラウンドケースの正統派マスターシリーズは、腕時計の伝統を継承し、さらに進化を続けている。端正でエレガントなその造形は腕元に気品をくわえ、そこに内包された圧倒的な機能は、信頼という安心感をもたらしてくれる。ジャガー・ルクルトならでは信頼がそこにはある。

このマスターシリーズは、シンプルで普遍性のある伝統的なラウンドケースであるとともに、ジャガー・ルクルトの技術力の象徴ともいえるコレクションだ。複雑機構を搭載したモデルが多いのもそれを裏付ける特徴だが、ケースの裏蓋に記された“Master Control 1000 hours”の刻印にこそ、このモデルの本質、本当の凄さが表現されている。

東京・銀座和光で過ごす特別な時間

 

「SEIKO Presents WAKO GENTLEMEN’S CLUB 2014」が今年も開催される。昨年から始まったこのイベントは、東京銀座の中心に位置する和光という上質な空間で大人の男性にふさわしいゲストとともに過ごす特別なイベント。

第2回目となる今回は、「セイコー アストロン」と「JAL」がサポートするトークショーには、ゲストとしてコラムニストの中村孝則氏と、JALのパイロットとキャビンアテンダントが登場。ジェットセッターとして世界の旅で体験した希少なエピソードが披露される予定。

Tags: パイロット

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 2

高い計測機能と北欧デザインの機能美に特別感をプラス

 

アウトドアアクティビティには欠かせない高度計や気圧計、電子コンパスなどの機能を搭載した「スント エレメンタム・テラ」。スント本社のあるフィンランドのエレメンタム専門の時計職人の巧みな技と、スントの精巧なデジタル計測技術の融合により生まれたモデルは、デジタル画面の数字、フォント、計測データ表記のデザインまで機能美が追求されている。

SUUNTO|ELEMENTUM TERRA LTD 02
SUUNTO|ELEMENTUM TERRA LTD 03
今回発売された「スント エレメンタム・テラ サンタクロース・リミテッドエディション」は、赤のアクセントが特徴のテラ・レッドラインをベースに、サンタクロースの住みかと伝えられている北極圏・フィンランドのラップランド地方に実在するコルバトゥントゥリ山の北緯と標高を裏蓋に刻印。

Tags: 機能を搭載

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 2

時計愛好家なら絶対見逃せない

 

2014年9月29日から4日間、香港・灣仔(ワンチャイ)にある香港コンペンション&エキシビジョンセンターで、時計愛好家には垂涎の高級時計ショー「Watches & Wonders 2014(以下W&W)」が開催された。

この「W&W」は、業界関係者やマニアでもまだ知らない人は多いはず。それもそのはず、第1回が開催されたのは2013年。今年はまだ第2回目で、しかも日本の時計バイヤーやプレスを対象にした展示会ではないからだ。

この展示会に招かれたのは、香港、中国、マカオ、台湾、マレーシア、シンガポール、フィリピン、インドネシア、タイ、ベトナム、オーストラリア。つまりアジア太平洋地域の国々から来た時計バイヤーや一般顧客たち。出展したのはリシュモン・グループの盟主「カルティエ」を筆頭に「ヴァシュロン・コンスタンタン」「A.ランゲ&ゾーネ」「ジャガー・ルクルト」「IWC」「ロジェ・デュブイ」「ピアジェ」「ヴァン クリーフ&アーペル」「モンブラン」「パネライ」「ボーム&メルシエ」そして「オーデマ ピゲ」と「リシャール・ミル」の全13メゾン。

Tags: 高級時計

发布: adminxsxs 分类: 腕時計日記 评论: 0 浏览: 2

オメガのファンとスピードマスター愛好者も納得の仕様

 

シリーズ名の“マーク”とはいわゆる「バージョン」を意味。「スピードマスター マークII」は1957年に発表された初代スピードマスターのデザインを、初めて変更した「2ndバージョン」だ。今回リニューアルしたモデルは、マットブラックダイアルとグレーダイアルの2種類を展開。グレーダイアルのモデルにはオレンジに発光するクロノグラフ秒針とそれにマッチしたミニッツトラックを配備。このデザインはオメガのファンとスピードマスター愛好者に贈る新作独自の特徴といえるだろう。


b
ムーブメントは、Si14シリコン製ヒゲゼンマイとコラムホイール式クロノグラフキャリバーを持つ、自動巻きムーブメント「コーアクシャル・キャリバー3330」を搭載。また、スピードマスターコレクションで初めてサファイアクリスタルガラスの内側に透明なタキメータースケールを採用し、下部のアルミニウム製リングに施されたスーパールミノヴァにより発光。暗い場所でも高い視認性を誇る。

ヴィンテージマンションの室内プールをリフォーム

 

日本のストリート・カルチャー、ポップカルチャーに偉大な足跡を刻み、DJ・プロデューサーとして常に時代の先端を捉えた音楽作品を1980年代から数多く生み出している藤原ヒロシ。ファッションアイコンとしても知られる彼が、このたびあたらしいコンセプトショップをオープンする。

ロケーションに選んだのは、南青山・骨董通りに程近い1970年代初頭に建てられたヴィンテージマンションの1階。住人用の室内プールだった場所を当時の面影を残したままショップにリフォーム。この唯一無二な空間から、トレンドに流されない時代を超えた存在を目指し、世界に向けて東京のあたらしい価値を発信していくという。現在、ティザーサイトが公開されており、その独特の空気感を断片的に感じ取ることができる。

シンプルで上質な、大人のためのカジュアルシャツ

 

人気誌で活躍するスタイリストやファッションアイコンたちの支持を得て、たちまち話題となった「フランク&アイリーン」は、2009年にデザイナーのオードリー・マクローリンがカリフォルニアでスタートしたシャツブランドだ。デザインはじつにシンプルでオーソドックス。けれど他にはないリラックス感と、こなれた着こなしを叶える抜群のシルエットが魅力である。

メンズシャツ仕立てのベーシックなスタイルはそのまま、コンパクトな着用感に仕上げる絶妙なシェイプは、一枚で着ても羽織りでもシルエットは無駄なくスマート。それでいて動きを邪魔したり窮屈に感じることはなく、着心地はじつに軽快だ。バリエーション豊富な生地はオードリーが“世界最高峰”と評するイタリアの老舗生地メーカーのものを使用。色柄の繊細な表現はもとより、質の良い素材ならではの上品な風合いが“大人カジュアル”にふさわしいクリーンな装いを完成させる。

多彩な切り口でブランドの歴史、世界観、DNAを紐解く

 

公式ウェブサイトでは2月より「ランバン・ヒストリー」という項目がくわわり、デザインの歴史における重要なアーカイブ写真やビデオ、また、当時ジャンヌ・ランバンが使用していた特有の水彩絵の具などを公開予定。フェイスブックのランバン公式アカウントでは、ジャンヌ・ランバンの誕生日でもある1月1日より125周年に関するトピックをアップ中。タイムラインを通じてファンページを閲覧することができ、毎週木曜日にはメゾンの歴史における重要なできごとを配信していく。

インスタグラムでは、毎週木曜日にフォーブル・サントノーレ22番地の歴史的建造物にあるジャンヌ・ランバンのオフィスに関連することを配信。そのオフィスは、ジャンヌ・ランバンがインスピレーション源としてフィッティングや本収集をしていた隠された部屋であり、刺繍に関する本、当時の雑誌や旅行記など多くの本を取り揃えていた大切な場所だという。そのほかピンタレストでは、ブランドのDNA、コンセプト、世界観を象徴する写真やビデオを、それぞれの説明や逸話と合わせて公開する。

スポーティな雰囲気にエレガンスと遊び心をプラス

 

アンブッシュ®は、ジュエリーブランド「Antonio Murphy & Astro®」のセカンドラインとして2008年にデビュー。遊び心のあるデザインを追求し、いままでのジュエリー、アクセサリーにはない新素材や塗装を融合させあらたな配色やスタイルを提案。世界のトップメゾンからストリートブランドまで幅広くコラボレーションをおこない、さまざまな枠を超え勢力的に活動をつづけている。

2014年春夏コレクションに登場した今回のコラボレーションアイテムは、スポーティなモチーフにエレガントさと遊び心をプラスしたデザインが特徴。存在感のあるブラスとパイル素材を組み合わせたヘアバンドとリストバンド、ホイッスルモチーフとボリュームのあるチェーンがポイントのネックレスと、同じくホイッスルモチーフに繊細なチェーンを合わせたロングネックレスの全4型をラインナップ。1月25日(土)よりドーバー ストリート マーケット ギンザにて先行発売されたあと、2月8日(土)よりサカイのフラッグシップストアで展開される。